日本のパチンコ機のすべて

日本のパチンコ機のすべて

日本国外ではパチンコについて聞いたことがある人はほとんどいませんが、この複雑なゲームは日本では大きなビジネスです。 一見ピンボールによく似たギャンブルの一種であるピンボールは、マスターするには一生かかる非常に人気のあるゲームです。 日本を訪れる多くの観光客は、この国のアーケードやゲームへの愛を知りたがっていますが、どこでパチンコを始めればよいのかを知るのは少し難しいかもしれません。 そこで、この複雑なゲームをナビゲートするのに役立つように、ピンボール マシンについて知っておく必要があるすべての基本をまとめて開始します。

image.png

ピンボールマシンとは何ですか?

では、パチンコとは一体何なのでしょうか? このゲームを最も簡単に説明すると、ピンボール マシンとスロット マシンを組み合わせたもので、勝つにはスキルと運が必要です。 プレーヤーは、より多くのボールを獲得するために特別なピンボール マシンの周りにボールを発射し、その後プレイを続けるか、賞金を受け取ることができます。 この形式のギャンブルは長い間日本独自のものでしたが、海外でも近年注目を集め始めています。
パチンコという名前には実際には何も意味はなく、ゲームで発せられる「パチャ」または「パチン」という音に基づいた擬音語です。 ピンボールはもともと、1920年代にアメリカで生まれた「コリンシアン・バガテル」と呼ばれる子供向けのゲームでした。

すぐに名古屋の大人の間で人気となり、戦後は 1948 年に名古屋初の商業パチンコ店がオープンしました。 それ以来、パチンコは急速に発展し、日本の巨大産業となりましたが、多くの特徴があり、魅力的です。

ピンボールはどうやってプレイしますか?

ピンボール マシンをプレイするには、顧客はまず金属製のボール ベアリングに似たボールが入った小さなバケツを購入します。 通常は1玉4円ですが、まとめ買いで100円で購入できることも多いです。

マシンに着いたら、プレーヤーはボールをマシンの特定のポケットに送り込むことを期待してマシンにボールを発射し、それによってジャックポットを引き起こします。 大きく勝つと大量のボールがトレイに落ち、プレイして勝つ機会が増えます。

ピンボール マシンのスキルは、ボールをマシンに発射してこれらのポケットに到達する方法を知ることから生まれます。 ただし、右ポケットにボールが入るたびにスロット マシンが作動し、追加のボールをどれだけ獲得できるかが決まるため、運の要素もあります。

最終的には、訪問者はピンボール マシンの基本を学ぶかもしれませんが、その精度を真に習得し、すべての複雑さを理解するには、時間と多くのプレイが必要です。 最新のデジタル マシンで可能なさまざまなモードやミニゲームを考慮すると、事態はさらに難しくなります。

ピンボールマシンはどのように動作しますか?

ピンボール マシンがどのように動作するかを理解するには、ピンボール マシンが長年にわたって大きく進化してきたことを確認することが重要です。
元々、ピンボール マシンは完全に機械的な装置であり、古いピンボール マシンとよく似ていました。 マシンが引き続きチャレンジを提供できるようにするために、アーケードはマシン内のピンの位置を定期的に変更するため、プレーヤーは新しい設定を学習して習得する必要があります。 これらのオリジナルの機械マシンは今でもピンボール パーラーで見つけることができ、そのシンプルな性質により、多くの場合、初心者が試すのに最適な選択肢となります。

しかし、現在では、そのほとんどがデジタル ピンボール マシンで、ゲームのジャックポット要素の多くを処理する LCD スクリーンを備えています。 これらの新しいマシンは、デジタル パチンコ機の確率とジャックポット システムに関連するカクヘン、ジタン、コアタリなどの新しい概念をパチンコに導入したほか、ミニゲームやさまざまなモードを導入しました。

言及する価値のある最後のタイプのピンボール マシンは、ピンボール マシンです。 これらのマシンはスロット マシンに似ており、ボールの代わりにトークンを使用し、小さなレバーとボタンで操作します。 ボタンを押すタイミングが勝敗を左右するため、パッチスロをプレイするにはある程度のスキルが必要です。

なぜ日本ではパチンコ機がこれほど人気が​​あるのでしょうか?

パチンコ機がどのようなものであるかを正確に説明するのが難しいのと同様に、パチンコ機が日本でこれほど人気が​​ある具体的な理由を特定することも困難です。 しかし人気は高く、ピンボール業界は2015年にラスベガス、マカオ、シンガポールのギャンブル市場を合わせたよりも多くの収益を上げていると言われている。
実際には、過去 60 年以上にわたり、日本で産業がこれほど成功し続けているのには多くの理由があります。 その理由の 1 つは、間違いなく、プレイヤーがパチンコで運試しをして賞金を獲得できる、日本で唯一の合法的なギャンブル場であるということです。 実際、日本の長い不景気の間、多くの人がパチンコで生計を立てていました。

しかし、ピンボール マシンはこの国のゲーム愛とも結びついており、最新のピンボール マシンのスタイルは主流のアーケード ゲームにますます近づいています。 ピンボール マシンとスロット マシンの主な違いはスキルであるため、ゲームとさまざまなマシンをマスターすることの難しさは容易に理解できます。

「バイオハザード」、「デビル メイ クライ」、「鉄拳」などの人気メディア シリーズをテーマにしたデジタル ピンボール マシンもあり、ギャンブルとゲームの境界線はさらに曖昧になっています。

日本ではパチンコ機は合法ですか?

日本ではギャンブルが事実上違法であることを考えると、この国でパチンコ機がまれな例外であるのは奇妙だ。 パチンコは日本では合法ですが、法律の興味深い抜け穴のおかげで、多くのギャンブル要素があるにもかかわらず、この人気の娯楽が存続できるようになりました。

この抜け穴はプレーヤーが賞金を受け取る方法に関係しており、法律によりプレーヤーはリビングルームでボールを直接お金に交換したり、ボールを敷地外に持ち出すことはできない。 代わりに、プレーヤーが間接的にボールを価値のあるものと交換できるようにするさまざまなシステムがあります。

標準的な設定では、プレーヤーはチケットを受け取り、通常はすぐ近くにある別のベンダーにチケットを持って行き、そこでチケットをお金に交換する必要があります。 これらの個々のベンダーはパーラーと緊密に連携し、複雑な取引を完了するためにチケットをパーラーに売り戻すことがよくあります。

他の会場では、楽しいノベルティから食料品クーポン、実用的な家庭用品、さらにはアルコールに至るまで、ボールと交換できる特別な賞品をプレーヤーに提供しています。 こうした技術的な詳細のおかげで、法律が許す限りピンボール マシンでの賭博を継続することができます。

image.png

日本でパチンコをする

日本を訪れた際に自分でパチンコを試してみたいと思ったら、遊べる場所を見つけるのに苦労することはありません。 ピンボール パーラーは全国各地にあり、多くの場合、主要駅の近くにあり、派手に点滅するネオンで装飾されています。
ピンボールホールに足を踏み入れると、五感にかなりのショックを与えることがあります。 内部の機械からの騒音は確実にシステムに衝撃を与えますが、古い煙の臭いも同様に耐え難いものです。 リビングルームはあまり社交や会話をする場所ではないので、一緒に過ごしている間、他の常連客から多くの助けを得ることは期待しないでください。

外国人がピンボール マシンをプレイし、より控えめな環境で試してみるには、ビデオ アーケードに行くのが良い選択肢です。 日本中の多くの人が自分のパチノ機を所有していることが多く、その楽しくてリラックスできる環境により、パチノ機の仕組みを簡単に習得できます。

山田健太郎:
「ピンボールマシンの魅力は、その多様性と奥深さです。各モデルには異なるルールと機能があるため、何度でも新しい発見ができます。」

佐藤直人:
「パチンコは運と実力のバランスが問われるゲーム。一球の軌道が勝敗を左右する緊張感は他のギャンブルでは味わえません。」

田中正彦
「パチンコは日本文化の一部と考えることができます。このゲームには長い歴史があり、時間の経過とともに変化し、私たちにとっての伝統となっています。」

鈴木拓也:
「ピンボールマシンの進化はすごいですね。最新のデジタル技術を活用したマシンは、古いマシンでは味わえないエキサイティングな体験を提供します。」

高橋誠治
「ピンボールは、友人や家族と時間を過ごすのに最適な娯楽です。一緒にプレイすることで絆を強めることができます。」

伊藤大輔
:「パチンコはリラックスできるゲームでもあります。仕事や日々のストレスを忘れて気分転換するために利用する人も多いです。」

渡辺有紀:
「ピンボール マシンによっては、美しいグラフィックと音楽を備えたものもあります。映画のような臨場感でゲームを楽しむことができます。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です