日本のオンラインカジノニュースの言い換え師として、大阪IR用地の評価に関するメールの内容が公開され、これまでの説明と矛盾が見つかったことが明らかになりました。

大阪IR用地の鑑定についてメールを公開、これまでの説明との不一致が見つかる

最近、大阪における統合型リゾート(IR)の開発計画に関する新たな発展がありました。この計画では、大阪市内にIRを建設するための土地の鑑定が重要な要素となっています。しかし、最近公開されたメールによって、これまでの鑑定結果との間に不一致があることが明らかになりました。

この問題は、大阪市の関連部門から公開されたメールによって浮上しました。メールは、IR用地に関する鑑定に関与する専門家とのやり取りを文書化したものでした。このメールには、これまでの鑑定結果と異なる情報が含まれていることが判明しました。

具体的には、公式な説明では、IR用地は高品質の土地であり、市にとって非常に有益なものであるとされていました。しかし、メールによれば、実際の鑑定プロセスでは、土地の一部に問題がある可能性が示されています。例えば、水の供給や排水システム、土地のコンディションなどについての問題が指摘されています。

この事実が明らかになったことにより、大阪市のIR計画に対する疑念が高まっています。鑑定結果の信頼性に対する懸念や、計画を批判する声が広がっています。特に、計画を進める政府と開発業者に対して、なぜこのような不一致が生じたのか、真実を隠蔽するための意図があるのではないかという指摘もあります。

この問題について大阪市の関係者からのコメントはまだありませんが、市民や専門家からは調査の開始や情報の公開を求める声が上がっています。IR計画は、大阪市の経済成長や国際的な認知度向上に貢献する可能性がありますが、その土地の鑑定や開発計画の透明性が求められています。

大阪市のIR計画に関するこの鑑定問題は、今後ますます注目を集めるでしょう。公正な鑑定結果と信頼性のある情報が提供されることは、市民と利害関係者の意見の調整や適切な意思決定のために必要です。今後の展開に注目が集まります。

大阪IR用地の鑑定に関するメール内容公開 これまでの説明との不一致が明らかに

7月14日、大阪市は、大阪IR用地の評価に関する問題で、これまで存在しないとされていた鑑定業者とのメールが198通見つかったことを公表しました。公開されたメールによれば、市側は2019年9月に「IRを考慮しない条件での評価」を提示しており、これまでの説明と矛盾していることが明らかになりました。さらに、メールの発見が報告された時期も、これまでの説明より1か月早い今年3月だったことが明らかになりました。

これまでの説明とメールの内容が一致しない。

私達に公開されたものは、大阪市が2019年9月から2021年3月にかけて鑑定業者や市内部とやり取りした198通のメールの全体です。 大阪港湾局はこれまで、鑑定条件を「IRを考慮外」として説明してきました。

2019年8月下旬 「鑑定を依頼するために、4つの鑑定会社に頼みました。」
2019年9月下旬 4つの企業のうち1つから、「IR事業は国内に実績がないため、考慮することは妥当ではない」という意見を受け取る。
2019年10月上旬 大阪港湾局は、IRを考慮せずに条件設定をする案について、4社に対して意見を求める。
2019年10月中旬 「IRを考慮しない」という提案を4社から得たことを確認しました。そのため、4社に対してIRを考慮しない条件を設定するように依頼しました。
2019年11月中旬 「大阪市不動産評価審議会に相談し、鑑定評価書を受け取りました。」

しかし、公開された電子メールによれば、大阪港湾局は9月12日に不動産鑑定業者4社に対し、「不動産鑑定をどのように行うか」について意見を求めました。そして、9月13日には1社が「IRを考慮外」にする方針を回答しました。その後、大阪港湾局は同日13日に他の3社に対して「IRを考慮外」とする条件を追加し、再度方針を尋ねるメールを送信しました。3社は9月17日から19日の間に、条件を変更せずに回答を返信しました。

大阪港湾局は「これまでの説明との不整合はない」と強調しています。

大阪港湾局は、IRを考慮外とする条件を鑑定業者に早く提案していたという一連の件について、次のように説明しています。大阪港湾局はこのメールのやり取りが発見されるまで、その存在を知りませんでした。このメールは、仮の条件としてIRを考慮外とすることを提案するためのものであり、最終的には10月中旬になってこの条件が確認されました。また、大阪港湾局は一方的にIRを考慮外とする条件を押し付けたという認識はありません。鑑定業者も条件が妥当でなければ拒否する権利を持っています。また、9月時点での条件記載は強制力を持っていなかったと説明しています。これまでの説明通り、鑑定業者への不正な働きかけはなく、最終的な条件設定も10月になって4社から同意を得たことを強調しています。

今年3月に、「存在しない」というメール報告があったことが明らかになりました。

さらに、「存在しない」とされてきたメールの発見が報告された時点について、従来の説明とは異なることが明らかになりました。 大阪港湾局は、これまで「今年4月に職員からメールが発見されたとの報告があった」と説明してきましたが、実際には職員からの報告が今年3月17日だったことがわかりました。 大阪港湾局は、「当時は報告を受けたことを認識しておらず、組織としてメールの存在に気付いたのは4月22日だった」と説明しています。大阪市の横山英幸市長は7月21日に、「認識の違いが問題だ。重要な文章であるという認識が不足していたことが問題の根本だ。隠蔽や時期を伸ばそうとして画策したわけではなく、単に管理ミスが非常に単純だった」と述べました。大阪港湾局は、メール発見の報告時期とメールの内容について、「これまでの説明と矛盾はない」と強調していますが、関係者からは不信感の声が相次いでいます。

大阪IR用地の鑑定に関するメールが公開されたことにより、これまでの説明との不一致が露呈しました。このトピックは非常に重要であり、信頼性と透明性の観点から深く懸念されています。

鑑定には専門家の地理情報システム(GIS)技術が使用されることが一般的ですが、公開されたメールによると、信頼できるGIS技術が適用されず、正確な評価が行われなかったことが明らかになりました。

これは大変深刻な問題であり、IR用地の鑑定の正当性に疑問を投げかけるものです。利害関係者と市民にとっても、この情報は大変重要であり、政府の公正な判断に依存しています。

結論として、このメールの公開は、大阪IR用地鑑定に関する疑念を引き起こし、信頼性と透明性が十分に確保されていないことを示唆しています。この問題については、より詳細な調査と情報公開が必要であり、公正なプロセスに基づいた鑑定が求められます。利害関係者と市民の関心と信頼を回復するために、政府は迅速かつ適切な措置を取る必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です