ビーベット(Beebet)のサッカーの賭け方は?

ビーベット(Beebet)のサッカーの賭け方は?

 

ビーベットではサッカーにベットできます。サッカーにベットしてみたいと思っている人は、ビーベットを利用してベットしていくといいでしょう。ベット方法は様々で、ただ勝敗に賭けられるだけではありません。

この記事では、ビーベットでサッカーに賭ける方法やベットできる内容について説明します。

 

ビーベットでは様々なサッカーリーグがベット対象になっています。有名とされているヨーロッパのリーグはもちろんのこと、日本のJリーグもベット対象になっています。

あまり知られていないようなリーグもベット対象になっているなど、豊富なリーグが対象となっているのです。また、サッカーのリーグ以外にも代表戦やヨーロッパチャンピオンズリーグなど、知名度の高い試合も対象に含まれています。

ベットできる試合が多くなっているのも、ビーベットの良さと言える部分です。

 

ビーベットでサッカーを賭けるためには、まずログインしてマイページに入っている必要があります。マイページにログインしていない場合は、ベットする前にログインするように求められてしまう点に気をつけておきましょう。

その上でベットする手順をしっかり守れば、初心者でも簡単にベットできる状態となりますので、すぐにサッカーでギャンブルを楽しめるでしょう。

ここからは、ビーベットでサッカーに賭ける手順を説明します。

 

スポーツ一覧からサッカーを選択する

image.png

 

まずはスポーツ一覧からサッカーを選択してください。左側のメニューや中央にあるアイコンからサッカーを選べばサッカーのベット画面へ移動できます。

サッカーは一番中心的な存在として準備されているのか、最初からサッカーが選ばれやすいように一番左側に置かれています。

賭けたいリーグを選択する

image.png

次に賭けたいリーグを選択していきます。リーグが開催されている時間帯であれば、リーグの試合が大量に並んでいます。

また、リーグ以外にも代表戦などが用意されていますので、どの試合に賭けるのがベストなのかしっかり確認しておくといいでしょう。

賭けたい試合を選択する

image.png

賭けたい試合が見つかった後は、詳細をクリックしてベット内容を確認しておきましょう。試合を選択しないでベットする手順を進めると、勝敗以外にベットできない状態となります。

勝敗以外のベットを希望している場合は、賭けたい試合の詳細を確認し、どのベットに挑むのがいいのかしっかり考えておきましょう。

賭け方を選択する

image.png

賭け方を選択し、最終的にベットする金額を入力すればビーベットでサッカーへの賭けが成立します。

賭け方は勝敗以外にも色々用意されていますので、準備されているベット方法の中から利用しやすいものを選んだほうがいいでしょう。

中には相当な倍率差が生まれているものもありますので、倍率の差が大きなものについては圧倒的に差があるものと判断して対応したほうがいいでしょう。

ここからは、ビーベットで用意されているベット方法について詳しく説明します。

勝敗のみで賭ける

一番定番とされているのが、勝敗にベットしていくというものです。

勝敗にベットしていく方法は、単純に試合に勝つかどうかを判断していけばいいだけなので、誰でも簡単に触れられる方法としても使えます。

特に海外のリーグでは強さに差が生まれているケースが多く、オッズの差が明らかに出ているケースも見られるなど、強いと感じられるチームがわかりやすくなっています。

倍率が20倍を超えているようなチームは、基本的にベットするのが困難になっているため、狙うのはかなり難しいと言えるでしょう。

ハンディキャップを含めて勝敗で賭ける

弱いチームに対してハンディキャップを導入し、一定のハンディを踏まえた上でどちらが勝つか予想していくというものです。

ハンディキャップは双方が平等になるよう調整されており、弱いチームが強いチームに対して同じ程度の強さを持っているように数字上は変更されます。

ハンディキャップによってオッズの差がなくなっているため、僅差で強いチームが勝利しても弱いチーム側が勝利しているケースも結構あります。

なお、ハンディキャップを付けても明らかに差が生まれてしまう場合もあります。その場合はオッズの差がはっきりと生まれています。

勝敗を引き分け込みで賭ける

勝ち負け以外に引き分けを含めて勝敗を選択していく方法です。

サッカーは90分間の間に勝敗を決める競技ではありますが、同点だった場合は引き分けとして処理されます。引き分けが発生する可能性があると判断した場合、引き分けにベットしておけば高配当を得られるようになります。

引き分けも含めて予想しなければなりませんので、思っていた以上にベットが難しく感じられるケースもありますが、配当面での旨味もしっかり用意されています。

総得点のオーバー/アンダーで賭ける

試合の総得点が一定のラインを超えているかどうかで判断し、ベットする方法です。

一定の総得点が示されており、総得点を超えているか超えないかでベットしていきます。試合が膠着状態になればアンダーのほうが有利ですし、明らかな打ち合いが予想される場合はオーバーに予想しておけば配当を得られる可能性があります。

ベットの基準は点数だけですので、試合結果は基本的に考えなくても大丈夫なのがいいところです。

前半・後半ごとの勝敗で賭ける

前半と後半に分けて、それぞれの勝敗でベットしていく方法です。

サッカーは前半と後半が行われていますが、前半で勝利しているチーム、後半で勝利しているチームが変わっているケースもあります。45分というハーフの時間だけで試合結果を予想するため、90分間の予想が難しいと感じている人には利用しやすい方法です。

こちらも打ち合いが予想される場合、少し予想しづらい傾向が生まれるため、事前にチームの情報を仕入れたほうが安心です。

スコアで賭ける

試合のスコアでベットしていく方法です。

勝敗というよりスコアがどうなるかを予想するだけなので、スコアさえ指定された数字になれば的中扱いとなります。試合結果を予想するのは難しいと感じているものの、スコアで勝負するならわかりやすいと考えている人は、スコアを選択するのもいい方法です。

もちろんスコアレスドローも選択できますので、全く点数が入らないと考えているなら点数が入らないと予想しておけば問題ありません。

前半の勝敗×全体の勝敗で賭ける

前半の勝敗と全体の勝敗でベットしていく方法です。

前半でどのような勝敗になっているかを予想した上で、後半も含めた全体の勝敗でベットしていくルールとなります。全体の勝敗だけではなく、前半の勝敗も含めて読みきらなければならないなど、ベットする方法としてはかなり難しい分類に入ります。

サッカーが好きで、色々なベット方法を模索したいと考えている人に向いている方法と言えます。

得点があるかどうかで賭ける

得点が入るかどうかでベットしていく方法です。

ルールは得点が入るのか、それともスコアレスで終わってしまうのかを予想するだけです。勝敗を予想するのが難しいと考えている人にとって、点数を予想する方法は非常に簡単でもありますので、触りやすいベット方法と言えます。

得点があるかどうかですので、1点でも入ればその時点で得点が入ったベットが勝利となります。

どの選手がゴールを決めるかで賭ける

選手がベット対象になっているもので、ゴールを決められるかどうかが予想対象となります。

有名な選手が対象となるケースが多くなっており、該当している選手がゴールを決められるかどうかを判断していきます。選手について詳しい人にとってはベットしやすい方法ではあるものの、選手まではわからない人には難しいベットになります。

賭けた選手がゴールを決められなければ、チームが点数をとっても利益は得られません。

無失点かどうかで賭ける

無失点に終わるかどうかを賭けていく方法です。

失点した場合はその時点で失点する方にベットした人が勝利する仕組みです。無失点で試合が終わるかどうかを予想する、比較的簡単に触れる方法と言えるでしょう。

膠着状態が続きやすいと感じている試合や、得点力がないチームに対して利用すると比較的勝ちやすいベットでもあります。

ダブルチャンス形式で賭ける

ダブルチャンスは1つのベットで2つの結果に賭けていく方法です。

基本的なルールは勝敗を予想するものですが、勝ちと負けに予想する、または勝ちと引き分けに予想するなど、2つの選択肢をベットできます。本来の方法に比べてベットできる範囲が広がりますので、的中率が上昇するメリットを持っています。

ただ、一般的なベット方法に比べて配当面で弱くなるため、あまり利益を得られなくなるデメリットがあります。

警告カードの枚数で賭ける

警告カードがどれくらい出るかを予想するものです。

警告カードというのは次の2つが該当しています。

image.png

 

どちらのカードも含めて、何枚の警告カードが提示されるのか予想するものです。審判の癖などを読みきらないと、警告カードの枚数をしっかり予想するのは難しいでしょう。

特に大量に出している審判であれば、予想以上に警告カードが出る場合もあります。

警告カード枚数の多さで賭ける

警告カード枚数の多さを予想して、ベットしていくものです。

先程は枚数がどれくらいになるか予想していくものでしたが、こちらは警告カード枚数の多さをベット対象としていきます。カードの枚数が大量に出てくるようであれば、指定された枚数よりも多く出ている方にベットしたほうが勝利する形になります。

ベットの方法としては少し難しいもので、審判の癖などがわからないとベットし辛い傾向があります。

警告カード枚数と平均との比較で賭ける

警告カードの枚数が平均値を超えているかどうかでベットしていきます。

警告カードが平均枚数よりも多いか少ないかでベットするだけという、比較的簡単な方法になります。平均よりもかなり出てくると判断している場合は平均よりも多い、少ないと感じている場合は少ないと予想すればいいだけです。

予想としては簡単ですが、平均値より警告が出やすい試合なのかを読みきらなければなりません。

レッドカードが出るかどうかで賭ける

レッドカードが出るかで予想するものです。

レッドカードは一発退場となるカードであり、出てくるケースはあまり多くないのが現状です。ただ、試合によってはレッドカードが出てくるようなプレーも見られるため、レッドカードが出ると事前に予想しておけば的中するケースはあります。

荒れる試合などはレッドカードが出ると予想しておけば的中するケースが増えます。

10分ごとの勝敗で賭ける

10分ごとの勝敗でベットする方法もあります。

90分を10分ごとに区切り、10分で勝敗がどのように変化していくのか決めていくものです。90分間の予想は難しいものの、10分の予想であればできるだろうと判断している人には便利なベット方法です。

試合開始直後に点数が入る、試合終了間際の点数が入るだろうと予想するなど、色々な方法が取れるベットです。

得点が入る時間で賭ける

得点が入る時間でベットしていく方法です。

得点が入る時間帯を予想し、指定された時間に点数が入るようであれば的中扱いとなります。的中させるのは少しむずかしい方法となっており、予想以上に得点が入らなくてなかなか的中しないという事例もあります。

試合開始直後や試合終了間際の得点を狙っていけば、的中率が上昇するケースも見られます。

 

 

ビーベットのサッカーの賭け方まとめ

ビーベットではサッカーにベットできるギャンブルが用意されています。

ただ勝敗にベットしていく方法ではなく、色々な方法にベットできる手法が用意されているなど、変わり種のギャンブルとしても期待できます。

サッカーに興味があり、試合結果や試合の動向に対してベットしたいと考えているなら利用してみるといいでしょう。

また、ビーベットを利用する前には入金をしっかり済ませ、利益を出したら出金するという手順を忘れないでください。
ビーベットはサッカー以外にも「野球」や「バスケットボール」はもちろん、「ブレイキングダウン」「RIZIN」など様々なスポーツに賭ける事が出来ます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です